アイ・ラブ・スウェディッシュデザイン

 

トップページ     バックナンバー    メルマガ登録     最新号

 
 

Vol.08 (2003/03/20)
アーランダ空港VIPラウンジ(ヨナス・ボリーン)

to Vol.09


スウェーデンのデザイン誌「FORUM」は、毎年ストックホルム家具見本市初日にベスト・インテリアデザイン賞を発表します。今年の受賞者は著名なベテランデザイナー揃いです。 その中でゴールド賞を受賞したのは、今スウェーデンで最も活躍しているデザイナー、ヨナス・ボリーンによるストックホルム、アーランダ国際空港のVIPラウンジでした。

 

 

ヨナス・ボリーンはその個性的なデザインで早くから注目を浴びていました。80年代に、スウェーデンのデザイン学校最高レベルであるコンストファックの卒業制作で発表した作品「コンクリート」は、その時代のデザイン界に強い衝撃を与えました。 スウェーデンのデザインはシンプルで機能的であること、つまり使い心地を重視すべきという常識に真っ向から対立するものでした。 その名の通りコンクリートで作られたイスは、とても座りごこちのいい代物とは言えません。見た目のオモシロさを強調するデザインは、その当時ではあまり受け入れられなかったといいます。 しかし彼のデザインはその後のスウェーデンデザイン界に新しい旋風を吹き込み、新世代のデザイナーたちにより次々と個性的な作品が発表され始めました。この「コンクリート」は今ではコレクターアイテムのひとつに数えられています。

続きはジャパン・デザイン・ネットでの掲載記事をご覧下さい。

JDN アーランダ空港VIPラウンジ